イベント・お知らせ

  • 周辺観光

春爛漫!長崎のおすすめドライブコース Vol.2

春の陽気な気分に誘われて、お出かけしたくなる季節がやってきました。
大江戸温泉物語長崎ホテル清風より1時間圏内で行ける、気軽なドライブコースを紹介します!

■□玖島城跡■□

現在は長崎空港の玄関口である長崎県大村市は、かつて大村藩・大村氏(キリシタン大名として知られた時代も)の城下町で、街にはかつての武家屋敷地区の面影や幕末に活躍した楠本正隆の武家屋敷、また国指定名勝である「旧円融寺庭園」なども残っています。
この公園は桜の名所として知られ、「日本のさくら名所百選の地」にも選定、「大村神社のオオムラザクラ」は国の天然記念物に指定されています。
その桜を明治時代に東京から持ち帰り植えたとされるのが、大村藩士出身で明治以降に全国で数多くの公園を手掛けた造園家・長岡安平
(大村公園は設計を手掛けてないそうですが、顕彰碑が公園内にあります)
「大村公園」として完成・開かれたのは昭和初期で、前庭のようにある池泉回遊式庭園「桜田の堀」も昭和中期に完成したもの。
また南側の石垣に沿って進んでいくと復元された「板敷櫓」があり、その周辺含め花菖蒲園が広がります。その数なんと30万本。
その時期の「花菖蒲まつり」では櫓や花菖蒲のライトアップも行われるそう。
今回は時期外れでしたがいつかその時期に見てみたい!

大村公園は桜の名所だけではなく、フジ、ツツジ、あじさいなどが次々と咲き続けます。
特に有名なのは九州最大級の大菖蒲園に咲き誇る170種類、約30万本の菖蒲で、園内を埋め尽くす菖蒲の花は圧巻です。開花時期は5月下旬から6月中旬です。

「日本の歴史公園100選」の地にも選定されています
是非、この時期にしか見れない絶景をご覧ください。

住所 /  長崎県大村市玖島1-43
連絡先 /  0957-52-3605
アクセス /  JR大村駅からバスで10分
詳しくはこちら

■□白木峰高原■□

 春(3月下旬~4月上旬)には、菜の花、約10万本が、斜面一帯を黄色に染め、秋(10月上旬~11月上旬)には、ピンク、白、赤、赤紫のコスモス、約20万本が、色鮮やかに咲き乱れます。

その景色の素晴らしさや心地よさを求め、1年を通じて諫早市内外からハイキングや写真撮影などにたくさんの人が訪れます。
また隣接するコスモス花宇宙館では、大型天体望遠鏡による天体観測、コスモスの絵画を鑑賞できます。              

 

■□稲佐山のつつじ■□

山頂展望台までの中腹にある稲佐山公園。例年ゴールデンウイーク頃になると8万株のツツジが山の斜面を埋め尽くし、見事な赤色の絨毯が現れます!

住所 /  長崎県長崎市稲佐山公園
連絡先 /  095-822-8888
アクセス /  ロープウェイ淵神社駅から稲佐山山頂駅まで約5分
詳しくはこちら

プラン検索はこちら

掲載情報は、記事公開時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
ご利用の際は、事前に公式サイトなどでご確認ください。